空室清掃の作業箇所は?

床ワックス仕上げ

今回は、空室クリーニング(徹底清掃)について順を追って説明していきたいと思います。
まず、各部屋(水回り含む)のチェックから始めます。傷等がないかの確認ですね。汚れ具合も見ていきます。
私の場合、水回りの浴室から作業を始める事が多いです。

浴室

全域清掃していきます。

洗面ユニット

そのまま洗面所の清掃作業に入ります。洗面ユニット、棚、建具、備品、換気扇表面洗浄+吹上、天井壁面のホコリ除去。

トイレ室

次に、トイレの清掃作業です。上記、洗面所の洗面ユニットからトイレユニットに変わる感じですね。注意点は、トイレ1室に対し便器1個までとなります。
汚れ具合や作業人数にもよりますが、大体ここまで終わらせて休憩に入ります。

バルコニー

休憩を挟んで、窓ガラスの洗浄作業に入ります。ガラス、サッシ、網戸洗浄+吹上をします。
ホースを伸ばしての作業です。各箇所、薬剤で洗い、水で流すといったイメージですね。このままベランダ、バルコニーの備品+床洗浄をしていきます。

キッチン

ここで部屋の中に戻り、キッチンのクリーニング作業に入ります。油汚れは手強く一番時間がかかる箇所でもあります。
キッチンユニット洗浄+吹上、棚内部含みます。

食洗器

備付食洗機とオーブンレンジ内部はオプションとなります。

レンジフード

レンジフードは表面とフィルター洗浄、吹上作業をします。

ブログをご覧の皆様、あと少しお付き合い下さい。

次に、各部屋の建具、エアコン表面、コンセント等の拭き上げ作業をします。このときに天井壁面ホコリ除去もします。

床ワックス仕上げ

床清掃に移ります。薬品拭清掃をし、バキュウム(掃除機)掛け、ワックス仕上げとなります。畳、カーペットはバキュウム掛けとなります。
ワックスが乾くのを待ち、最後に各部屋のやり残し、汚れを最終チェックして作業修了になります。
各、作業箇所、丁寧に!細かな所までキレイに!を心掛けて作業をさせて頂きました。

お部屋の数、汚れ具合等により作業日数を数日頂くこともございます。各作業箇所内容、オプション料金は、当ホームページ>空室>徹底清掃をご覧ください。

 

長い説明になりましたが、これで終わりになります。皆様、最後までお付き合い下さり、ありがとうございます。
エアコン内部洗浄、空室クリーニング、オフィスクリーニング、手に負えなくなった汚れ等ございましたら、ぜひおそうじ革命茨木駅前店にご連絡下さい。

関連記事

  1. 「エアコンクリーニング」in京都!!!

  2. 運転確認をして作業修了になります

    お掃除ユニットの下に・・・

  3. エアコン

    「お掃除機能付きエアコン」2台洗浄してきました!

  4. 浴室清掃後

    「水回りセット」一番人気のセットってな~に?

  5. 浴室乾燥機付き換気扇

    おそうじ革命 茨木駅前店 OPEN

  6. シロッコファン洗浄後

    レンジフード分解洗浄!